「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?」で泣いた

 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

 

2010年にヒットして話題になった本です。

書店で平積みされていて、さらっと冒頭部分だけ立ち読みした記憶があります。

 

 

 

2010年といえば。

私は夫婦でやっていた会社が大赤字で借金地獄真っただ中にありました。

 

この本を立ち読みしたときの心の声。

“お金に苦労したことないリッチな税理士が書いた本か〜

儲かってる社長はみんな高価な長財布使ってる、だから高価な長財布を使えば貧乏人も豊かになるってか??

そりゃーお金持ちはお金があるから、高価な財布が買えるんでしょうよ!

明日の家計も綱渡りなのに、数万円の財布なんか買えるかいっ!”

 

そう心の中で毒づいて、「はじめに」と、目次だけ見て買わずに陳列棚に戻したのでした。

 

 

あれから6年。

 

借金地獄は、2年前(2014年)に離婚して会社を抜けることで終わりを迎えました。

平穏な日々を過ごせるようになり、粛々と過去の借金清算を進めている今日この頃。

以前は精神的平穏を求めてスピ系の本や精神論的な本ばかりを読んでいたものですがw、離婚後はいろんなジャンルの本やTVを楽しめるように。

たまに図書館に出向いて未開拓分野の本をランダムに借りてみたりしています。

 

そんなときに目に入った、「長財布」の本。

そーいえば冒頭部分にイラっときて買わなかったけど、ずーっと気になってたんだよなぁと思い出し、借りてみました。

 

 

 

なんと。

 

中盤から後半、涙ぐみながら読みました。

 

 

今は裕福な著者もかつては極貧だった

 

この著者、今でこそ税理士として成功していますが、

学生の頃、親の会社が倒産し、家も全財産も失って、ご本人も借金の一部を背負うことになり、 それは壮絶な極貧生活を送っていたそうです。

正社員で勤めながら深夜アルバイトもかけもち。

人一倍、お金に苦しんだ経験の持ち主でした。

 

「お金が憎くて仕方がなかった」

「お金がない、負債を抱えている。そのことばかりを考えて身動きがとれなかった」

「いくらあがいても現実を変えられないならせめて妄想して気持ちだけでも変えようと思った」

「たとえ1ミリでも、足を踏み出せば前に進む」

 

お金がなくてもできる方法…たとえば美術館に行くとか勉強するとかお遍路にいくとか10年後の幸せな妄想をするとか。

そして目の前にあるやるべきことから逃げずに進んできた結果が、今なのだそうです。

 

あー!!

これ、どうして借金地獄で最悪だった頃に読まなかったかなあ、自分!!

以前、冒頭部分と目次見出しだけで内容を勝手に決め付けて本編を読まなかったことを後悔しました。

(でもいろんなことが通り過ぎて、乗り越えた今だからこそストンと解釈できるのかも…)

 

今、お金のことで苦しい思いをしている方。

ぜひ読んでみてください。

暗いトンネルから抜け出すためのキッカケがつかめると思います。

 

 

ps:久々の読書ブログ更新です。

Amebaだけでなく、他の運営ブログもたまにしか更新できていませんがww

しばらくログインしなかった間にも多くの方がご訪問くださり、読者登録もしてくださったりしていて本当に恐縮です。感謝感謝です。

反応が鈍くて申し訳ないのですが、皆さまが幸せでありますようにいつも願って

おります。

今後もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 14 times, 1 visits today)
コメント一覧
  1. はっ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はっ です。
    久しぶりの更新だね。
    また、いろいろ書いてくれると嬉しい。ヽ(゚◇゚ )ノ

  2. かーちゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >はっさま
    ご訪問&コメントありがとうございます(^-^)/
    今後とも宜しくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    会わない間にいろいろあったようですね。私も、人生いろいろあって、それで同じように、沢山の本に教えてもらったり、救われたりしている一人です。
    最近、誰も彼もが何かしらを越えて生きていることがうかがい知れるたび、その方の踏ん張りから、元気をもらう事が多く、生きているだけで、そこに存在するだけで、誰かの助けになるという言葉が素直に入ってくるようになりました。
    読んでみます。

  4. かーちゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >伝統工芸品と和雑貨の店「環」の店主さん
    ご訪問&コメントありがとうございます!
    ほんとにそのとおり、誰もが闘って乗り越えてきているのですよね。渦中のときは自分だけが大変だと思って人を思いやる余裕がありませんでしたが。
    環店主さんのブログも楽しみにしてます^_^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう