おすすめ守護霊マンガ

 

普通の本だけでなく、マンガも大好きです。
昔は竹宮恵子、山岸涼子、木原敏江、佐藤史生、秋里和国、
だいたいこの辺にハマりました。
(年代と趣向ばれちゃうねw)

マンガの中にも、心霊モノは結構ありますよね。
その中で素晴らしい!と思ったのがコレ。

ヒトヒトリフタリ コミック 全8巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)/集英社

¥4,441
Amazon.co.jp

スカイハイで有名な高橋ツトム先生の作品です。

スカイハイでは、死んだ人が「怨みの門」の前に立ち、
「死を受け入れて、天国で再生を待つか。」(生)
「死を受け入れず、現世で彷徨い続けるか。」(行)
「現世の人間を1人呪い殺し、地獄へ逝くか。」(逝)
の選択を迫られる話。
ドラマ化もして、釈由美子さんによる「おいきなさい」という、
主人公イズコの決めセリフが有名になりましたね。

この「ヒトヒトリフタリ」は、守護霊が主人公。
若くして死んだので見た目がギャルです。
天界で守護霊任務が下され、現実世界に降りてきます。
任務の対象者は、なんと総理大臣。
普通は守護霊は人間には視えないものですが、
総理大臣は生死をさまよった末、「視える」「話せる」ようになります。
その後このギャル守護霊とともにさまざまな局面に立ち向かっていきます。

 

ヒトヒトリフタリ

 

一人の人の中に、もう一人(守護霊)いる。
そういう意味のタイトルだったのですね。

8巻までありますが、心霊ものとは思えないくらいスピード感があります。
フィクションとして十分によくできたお話ですが、
守護霊との関わり方とか霊界の設定が、
もしかして結構ホントなんじゃないの?と思えるリアルさがあります。
絵がスカイハイ同様、ちょっとコワイのですが、
話の中身は全然暗さがない。オススメです。

ちなみに
最近のお気に入りマンガは「弱虫ペダル」です。
ブログの内容と全然関係ないですね(笑)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう