お医者さんと葬儀屋さんのスピリチュアル対談

 

昨日は医療の立場で魂を語る
矢作医師についてご紹介しました。
対談形式だとさらに理解が深まります。
葬儀屋さんである一条真也さんが
矢作さんに質問をしていくことで
より霊界や魂の真実が鮮明に描き出されています。

命には続きがある 肉体の死、そして永遠に生きる魂のこと/PHP研究所

¥1,296
Amazon.co.jp

旅立つ人には
ターミナルケア(終末期医療)
見送る人には
グリーフケア(悲嘆回復)

医療と葬儀、それぞれのシーンが
この本でつながり、集約されています。

日本人は、人が亡くなったときに反射的に
「ご冥福をお祈りします」という言葉を使います。
一条氏は、冥福、つまり死んだ後に向かう
「冥土」という場所があるということを、
心の奥で確信しているからだと言います。
死んだら何もない、
すべて終わりと考えている人でも、
日本人であれば誰もがそういった魂の概念が
DNAとして刷り込まれているのでしょうね。

これは一条氏の他の本(法則の法則―成功は「引き寄せ」られるか)に書いてあった内容ですが、

欧米発のキリスト教、中東発のイスラム教は、過酷な自然と対峙するために、どうしても強い神が必要だった。そして一神教として成立していった。
一方、日本は、豊かで穏やかな自然に感謝しながら生きる民族だったため、万物に精霊が宿るという多神教(アニミズム)が定着した。
欧米では、登山するとき山を「征服する」と言い、
日本では、手を合わせて「登らせていただきます」と言う。
このスタンスの違いから分かるように、
日本人の根底には霊魂の世界に対する畏れがあり、
死に逝く人を「見送る」精神性が
もともと備わっている民族だということです。
日本人で良かった・・・

私は3年前に父を見送りましたが、
そのときに矢作氏と一条氏の本に出会い、
本当に癒されました。
「そんな解釈がなくても大丈夫」という
強い人なら必要ないでしょうけど、
魂の行方に対しての理解は、
故人への供養にもなると私は思うのです。

(Visited 1 times, 1 visits today)
コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう