心霊関係の本で現実逃避

 

現実の生活がほんと~に苦しいと、
心霊モノや霊界の仕組み解説の本が
簡単に現実逃避(トリップ)できて良いんですよね。
(引き寄せ系の本は、自分を見つめなければならないので、
少し元気なときじゃないと読めないです w)

私の遺言 (新潮文庫)/新潮社

¥562
Amazon.co.jp

作家・佐藤愛子さんの自伝です。
さすが小説家、ご本人の体験談を語っているだけなのに、
小説を読むように引き込まれます。本当に面白いです。

もともと霊魂などといったオカルトな世界が嫌いな
現実主義者だった佐藤愛子さん。
そっち方面に全然興味ないのに、
なぜか次々と起こる怪奇現象に悩まされます。
この霊障を解決するために、いろんな方が実名で登場します。

美輪明宏、大西弘泰(心霊科学協会)、
相曽誠治、中川昌蔵、江原啓之
鶴田光敏(医師)

そうそうたる顔ぶれですね。

佐藤愛子さんのこの本をきっかけに、
ワタシも霊魂や霊界についてもっと知りたいと思うようになり、
片っ端からこの本に登場している方々の著書を読んでいくことになったのでした。

ちょっと引き寄せの話に戻りますが。
引き寄せ論は全面肯定するけど、
みんながみんな、願いを叶えるってのは
物理的に無理じゃない?という素朴な疑問。

たとえばスポーツの試合。
選手たちは、最後まで勝利をあきらめない。
それぞれのチームに大勢のサポーター、
誰もが応援するチームの勝利を願っている。
だけど、勝つのはどちらか一方。

受験もそう。
受験生の誰もが合格祈願して努力して
合格したところをイメージしてがんばるけれど、
全員がその願いを叶える訳ではない。

その他にも、
すごく成功してお金持ちになったのに、
一気にどん底に転落してしまう人。
絶好調のときには毎日充実してて、
まさかそうなるなんて夢にも思わなかったはずです。

そうなると、引き寄せ理論も、
ツジツマが合わなくなってしまいます。

そういう予測不可能な人生の出来事の謎、
これに答えをくれるのが、
やはり霊魂とかカルマとか憑依とか
生まれ変わりとかの見解だと思うのです。

まあ、
「引き寄せ系」「心霊系」どちらも、
まったく信じない人たちから見れば似たり寄ったりの話。
ワタシも精神的に病むような経験をしなければ
手に取ることはなかった分野でしょうね~(笑)

(Visited 2 times, 1 visits today)
コメント一覧
  1. とも より:

    SECRET: 0
    PASS:
    読者登録ありがとうございます(^-^)
    私もさせていただきますね(^o^)
    これからも、読ませて頂きにお伺いしますね(^-^)

  2. かーちゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ともさん
    コメントありがとうございます!
    ともさんはシングルマザーの先輩です。
    ブログ読んで、ご苦労されてきただろうに心がきれいな方だなあ、見習いたいと思い、登録させていただきました。
    これからどうぞ宜しくお願い致します(^-^)/ 

  3. SECRET: 0
    PASS:
    せっかくなのでコメント残します^^現在アメブロユーザーに話題の自動ペタ&読者登録ツールを無料で配布させてもらってます♪また読みに来ますね♪ヽ(*´∀`)ノ

  4. かーちゃ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >アメブロ自動ツール無料プレゼント中さん
    コメントありがとうございます!
    これからも宜しくお願いします(^-^)/

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう