Facebookに新しい「友達リクエスト」が。
元オットかどうかわからないのですが、氏名がきわめて元オットに類似しており、アバター画像もないので、おそらくそうかと。昨年末以来、2ヶ月ほど当人から連絡もなく平和な日々を過ごしていたので存在を忘れていました。一瞬過去の悪夢がフラッシュバック。

どこでわかったのだろう?
離婚後、メインのメールアドレスも変更したし、検索されないように公開は「友達の友達」までに限定していたはずなのに。
でもたまに「友達の友達」ではない実際の知人からリクエストがきていたので、もう一度登録プロフィールをチェックしてみました。
たぶん、携帯電話番号ですね。ずっと変わらない番号で利用しているので、元オットがたどるとしたらこれしかない。
ソッコー、リクエストをブロックしてプロフィールから電話番号を削除しました。
「電話番号を削除すると、あなたの友達があなたを見つけにくくなります 云々」
というFacebookからのメッセージが出ましたが、余計なお世話。
いつも思いますが、「もしかしてお友達?」みたいな告知もウザイ。
実際知っている人ならともかく、全然知らない人が共通の友人が1人いるというだけで「知り合いかも?」なんておかしくないかー?
営業ツールとして広く情報を共有したり発信したりするならすごく有効なシステムでしょうが、個人的日常を綴るものとしては抵抗があります。しかも基本、実名だし。

 

それにしても、

借金肩代わりさせている別れた妻に「友達リクエスト」って(笑)
あきれて怒る気も起きません。

 

借金はいいから、もう関わらないでほしい。それだけ。
明日は月末、元オットの借りている地代家賃滞納分の支払期限ですが、これ支払わなければヤード(仕事場)の賃貸契約解約ということになります。そうなればあきらめて国に帰ってくれるかなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

(Visited 8 times, 1 visits today)

Twitterでフォローしよう