一昨年(2014年)の年末、このテーマで悩みました。

 

年賀状での報告というと、
「結婚しました」
「家族が増えました」
といったおめでたい内容なら新年の挨拶としてもふさわしいでしょう。
しかし、
「離婚しました」
って、見ませんよね(笑)
わざわざめでたいムードの中、
マイナスイメージの報告はやはり避けたいもの。
(私の中ではものすごく「めでたいこと」なんですがw)
でも年賀状をやりとりするような間柄の方には、この近況は知ってもらいたい。
なので、昨年末出した年賀状は、いつもと変わりない新年の挨拶で、
差出人氏名に、私、子ども二人の名前を書いて出しました。

 

例年なら家族4人の名前を列記しています。
元オットの名前だけ、とりました。

 

でも以前の記事にも書きましたが、
私の名字は結婚前も後も変わっていないし、
子どもの名字も変わっていないし、
住所も変わっていないし。
こんなにハタ目から変化のない離婚もないかも。
去年その年賀状を受け取って、
もしかして離婚した?と連絡をくれた友人が何名かいました。
そこで初めて、そうなんだよ〜と事情説明。

 

年賀状の出し方にあまり変化がないことから、
私にとっての結婚は「同棲」に近かったなと思います。
名前も変わらないし、
相手が外国人だったため実家の家族同士のつきあいもない。
子どもが生まれ、マンションを買いましたが、
この購入者名義は私です。
表札には、元オットと私の名字と会社名を併記していました。
はじめから変な暮らし方だったなと今あらためて思います。
離婚から1年以上たちましたが、元オットとの17年の結婚生活って
いったい何だったんだろう・・・と不思議に思えてきます。
大変な借金を置き土産に去った(追い出した)元オットでしたが、
結果的に子ども・家・仕事・自由、
私はすべて自分の手中におさめたわけで。
離婚したことで経済的にも安定してきたし、
こうしてブログに回顧録にでも綴っておかなければ
本気で忘れてしまいそうなくらい平穏な毎日になりました。
今年も、去年と同様、私・子ども二人の名前で
いつもの友人や親戚に出しました。
いまだ気づかずの人もいると思います。
でも元気な様子の写真を使って年賀状を作っているので
多分安心してくれてるかと。
結婚した当初、アジア系外国人との結婚で冷ややかな意見が多かった中、
ある友人が言ってくれた言葉が今も支えになっています。

 

「どんな国の人と結婚しても、
自分をしっかり持っている人は大丈夫だよ。
全然心配してないから。」

 

結婚して離婚して色々あったけど、
自分を見失わなければ大丈夫。
2016年、パワーアップしてもっともっと幸せになります。
(離婚テーマのブログってみんな清々しくて元気ですよね。幸せなオーラを感じます。
離婚したと聞いて「かわいそう」「大丈夫?」と心配してくれる皆さん、シングルマザーは願いが叶って幸せなのですよ〜ww)

 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

(Visited 7 times, 1 visits today)

Twitterでフォローしよう