2013年中にうまくいかなかったらやめるという約束、
結局守らないまま年明け。
次の期限は2014年3月末、
解体業の許可が最終的に閉め切られるタイミングです。
この3月までに許可が出なかったら、
続けても意味がない。
許可があるからこそ商売うまくいくと豪語していたからには、
なんとしてもこの問題は自力でクリアするだろう。
そう思って傍観していました。

 

ところが2月になってもまったく片付いてない様子。
市役所の担当職員も、
3月の視察で状況が変わっていなければ許可取り消しです、
と言っていました。
許可が出なかったら、ヤード閉めて、
国へ帰ってね。

 

きっぱり言いました。

 

元オットは苦笑いして、あまり本気にしていない様子。
いつもの私の脅し文句だと思っていたようです。

 

いや、今回は本気。
許可が出なかったら意味がないって、
あなたも自分で言ってたよね?

 

さすがに本気でヤードを片付け始めたようですが、
それでもたびたび改善指導をされていた箇所について尋ねると
全然できていない状態。

 

子どもたちにも話しました。

 

3月にパパのヤードが片付かなかったら、
国に帰らせるからね。

 

すると子どもたち。
「じゃあ、手伝うよ!片付けば帰らなくていいんでしょ?」

 

正直驚きました。
今まで何度も、仕事場に一緒に行こうと
元オットが誘ってもけんもほろろに断っていたのに。
やはり親子なんだな、
離婚はできないなとあらためて思いました。
元オットも嬉しそうでした。

 

それからというもの、
3月の毎週末、私も子どももヤードに行って片付けを手伝うことに。
そして3月末、見違えるように奇麗に片付き、
ようやく許可が下りたのでした。
3月末、本当にギリギリセーフでした。

 

さて、やっと問題の解体業許可が更新できた。
これでもう大丈夫な・・・はずでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

Twitterでフォローしよう