両親が実家から上京してきました。
しばらく食事して酒を飲み、世間話。

 

元オットが帰宅してきて、ようやく本題に入ります。

 

元オットと私が父の前に並んで座り、現状説明。
といっても話をするのは私だけだけど。

 

毎月経費と返済で、資金が足りない。
倒産してこの家の売って出直そうと思う。
お父さんの意見を聞かせてほしい、と
単刀直入に聞いてみました。

 

父はしばらく無言。
そして、
「金があればうまくいく見込みがあるのか?」
と聞きます。

 

私は元オットを見ました。
元オットは、「はい、うまくいきます」と答えます。

 

父は私に向かって、
「お前はどう思う」とまた聞きます。

 

「融資が受けれたらうまくいくと思っていた。
 でももう無理だから、閉めようと思う。」

 

そして父。
「いくら必要なのか、しっかり計算して明日教えろ。
いつ、どこにいくら使うのか、
ちゃんと根拠ある計算をして見せること。
それがしっかりした計画なら、すぐに振り込んでやるから。」

 

私と元オットは、びっくりしました。
父からは既に前の年に200万、借りていたからです。

 

そしてその日の夜、
ほぼ徹夜で元オットと話し合い、
半年分の資金繰り表を作成しました。

 

出した数字は300万。

 

月々の経費や返済がふくらんで、毎月50万ずつ足りなかったので、
状況が何も変わらなければ半年で尽きる金額です。

 

でもその半年の間で、うまくいけばV字回復するはず。
うまくいけば、借りたお金もすぐに返せる。

 

そう、あくまでも「うまくいけば」。

 

楽観的すぎる計画をながめた父は、
「この通りにやれよ。
◯◯(元オットの名前)、
お前は、妻に金を出させて商売やるんだから、
妻の言うことをしっかり聞けよ」
そういって、すぐに父の会社の経理に電話をし、
振込の手配を指示しました。

 

父には、もうこのとき、わかっていたのでしょう。
赤字の事業内容がどうであれ、
私が代表者であるからには、
元オットではなく「私が」決断しなければ
状況は変わらないという事を。
資金繰りの苦労をしない者(元オット)が
会社を運営などできるわけはないという事を。

 

お金を貸してくれたあと、
父はまたこうも言いました。
「お前の事業と◯◯(元オット)の事業を、切り離せ。
そうしないと、せっかく儲かっている方の
お前の仕事道具(Macや周辺機器)も差し押さえられるぞ」

 

これが、父から見えていたこの問題の「正解」でした。
しかしそれをやる勇気がなかった。
元オットを信用していたから。
元オットを説得できなかったから。
会社と家族が、一体だったから。

 

この「正解」を実際に行動に移すまで、
苦悩と葛藤の中でこのあと5年かかることになります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitterでフォローしよう