2009年3月

 

実家の両親から、九州に帰省してこないか、
と誘いがありました。
有名な温泉宿に宿泊予約をとったから、
いつも忙しいお前も少し骨休みしろと。
子どもたちは小学校3年生。
まだ留守させるのは不安だったので、元オットに面倒を頼んで、
私ひとりで九州大分へ。

 

そこで聞かされたのは、
父の癌発覚と余命
でした。

 

頭が真っ白です。

 

え? ええ???

 

父は65歳。そしてまだ現役の会社社長。

 

「あと2年と言われとる。そんだけあれば、十分。」

 

と、父は笑っています。
母はとなりで涙ぐんでます。

 

東京に住む独身の妹は、この報せを聞いてからというもの、
毎月のように実家に帰省するようになりました。

 

しかし私は。

 

資金繰りで頭がいっぱいで、親孝行どころではない。
ていうか、今どんだけ大変なのか話をしようと思っていたけど、
言えるわけない。
余計な心配をかけたくない。

 

途方にくれて、九州をあとにしたのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitterでフォローしよう