元オットは、

外国人で夢追い人、
借金癖、浪費癖、どんぶり勘定、
スーパーポジティブシンキング、
な人でした。

ユーモアのセンスもあり、一緒に遊ぶと楽しいキャラでした。
人なつこくて場を和ませる人でもありました。

しかし。
やはりさだまさしの言う通り

「仕事もできない男に家庭を守れるはずはない」のです。
元オットとともに会社を作って、自分が代表取締役になり、
景気悪化で資金繰り難、融資返済が滞りそうになり、
何とか立ち直らせようと暗中模索、四苦八苦した7年間。
昨年、それを退社と離婚という形で終わらせ、
ようやく穏やかに暮らせるようになりました。
私はやっと肩の荷がおりて、悪夢が終わったと思いました。
でも、元オットにとっては、この7年間、
そんなに苦しかったわけではなかったようです。
家を出て行くときに、
「ワタシは楽しかったよ」とさらっと言われて、
ガクゼンとしました。

そりゃそうだ。
仕事で利益が出なくても、損失出しても、
どんなに支払が滞っても
最後は妻が用立ててくれて、
家に帰れば衣食住には困らないのだから。

当時は、こんな状況もあと少しで変わる、
この人はきっとこれからうまくいくと信じていて、
自分の愛情で支えるんだと腹くくって、
そんな理不尽な状況でもがんばって耐えてしまっていたけど
今あらためて文章にしてみると

ないわー

自分もアホでした(笑)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します。

(Visited 36 times, 1 visits today)

Twitterでフォローしよう