こんにちは、かーちゃです。

 

6月に入りました。もう2019年も半分近くきましたね!

いつものように返済記録です。

 

2019年5月 借金残高記録

 

【返済記録】
5月24日 3万5000円

【借金残高】
2019年5月末
958,055円

順調に返済中です。

 

 

学費はあと80万!もうひとふんばり

 

 

2018年の4月から専門学校に通っている2人の息子たち。2020年3月卒業予定です。

 

 

2019年の間にあと4回、学費の支払いがあります。(合計約80万円)

最後の支払いは11月。これで、一応卒業までの学費を支払い終えることになります。

 

 

学費支払いまでのめどは立っているので、今年いっぱい乗り切ればかなり楽になってくるはず。

彼らが卒業してからのことは実はあまり考えてませんが(汗)、なんとかなるでしょう!

毎日健康に笑顔で暮らせてるのだからこれで良し!^^

保証協会への返済も100万切ったし、昔にくらべれば気分上々です。

 

 

ある取引先からの仕事を断った件

 

 

5月の出来事です。

 

昨年から取引の始まったある会社。

3回ほどデザインのお仕事をいただきました。

別の取引先から「設立したばかりの会社なので協力してほしい」と紹介された会社でした。

会社を立ち上げて軌道に乗るまでの大変さは私もよくわかっているので、地域も近いことだし全面的に協力するつもりでした。

 

先方は私の能力や仕事ぶりに満足されている様子でした。

「役に立つなら利用してもらえればいい」と私も思っていました。

しかし何度かやりとりを進めていくうちに、なぜか私がそこの社員のように扱われてました。

 

 

いや、それは構わない。

 

自分の名刺をその会社の社名で早々に作られていたのにはドン引きしましたが、ごくたまにあります。その会社の社員の体でお仕事することもあるから。

こりゃダメだと思ったのは、会社経営の諸ルールや知っておいた方がよいことをこちらが親切心でアドバイスしても、すべて「そんなことわかっている、うちは違う、うちはこうする」と反論する姿勢でした。

 

 

あのね〜

資金繰りで苦労したことある?

借り入れ申請がゼロ回答だったことある?

保証協会と交渉したことある?

粉飾決算(ギリギリのこと)をやったことある?

DESって知ってる?

内容証明送ったことは?送られたことは?

税務調査に入られたことは?

 

 

これ、すべて私が体験してきたことなのですが、会社経営を長くやってる社長なら大なり小なりこのへんは経験済みで、説明も必要ありません。

ちょっと話をすれば、どの程度の経験値かすぐにわかります。

 

 

しかしこの取引先、決算を1回しかやっていないできたてほやほやの会社社長は、とにかく「年下」の「女」に教えてもらうのがどうにも癪にさわるようで、こちらが1言うと10くらい自論を述べないと気が済まないようでした。

あきれたのは、源泉徴収の仕方について延々説明されたこと。

私は法人の時代には個人に依頼した場合徴収する側でした。

しかし何を勘違いしたのか、「個人相手にはこんなふうに引いて支払うことを了承してほしい、みんな納得してもらっているから」と。笑

 

 

おそらく、源泉の意味を知らないフリーの方たちを想定してお話されているんだと思いますが、私のここに至るまでのいきさつは話してあるのに、聞いてなかったのかなと思いました。

ついでに、内税、非課税の違いもご存知ないようで・・・まあそういうのは最初はわからなくても変ではないし、「あ、そうなんだ」と知識のひとつに加えればいいことなんですが、どうにもこちらを下に見たいようで。最終的に相手を立てないと終わらず、めんどくさいことこの上ない。

 

 

うちの税理士さん(法人時代からかれこれ20年近くお世話になっているS先生)にこの話をすると、「税理士ついてるっていうけど、ちゃんと相談してないんじゃないですかね?調査入ってこっちも難癖つけられる可能性はありますね。まあこういう会社は税務調査も入らないと思うけど」

とのこと。

(基本的に追徴課税の見込める儲かっている会社にしか調査は入らない)

 

 

会社作って社長になって、・・・そこまでは誰でもできるんですよね。

問題はそこからどれだけ業績を伸ばせるか。信頼を積み上げられるか。

法人という器にこだわって社長という肩書きに酔って3年以内に自然消滅した会社を、私はいくつか見ています。

昔、バブルのころにはそういう鼻息荒い人けっこう多くいたけど、久々に見ました。

 

 

いくつになっても、素直に学べなくなったら人はおしまいだと思います。

経験不足は恥じゃない。

恥ずかしいのは虚勢をはること、感謝ができないこと。

これをわからないまま、50代で法人設立とは痛すぎる。

 

 

「シングルマザーで借金がある=言いなりになる」という図式がありありと感じられ、だんだんストレスになってきたので、新規案件の相談をもちかけられたときに「今年いっぱい無理です」とお断りしました。

 

しかしそれでもこちらの真意がわからなかったようで、後日案の定、怒りをぶつけられ理由を尋ねられましたが、その理由を言うそばから反論していました。ダメだこりゃ。

 

 

「キャパオーバー以外の理由」で仕事をお断りしたのは、20年以上デザイナーやってきてはじめてのことです。

ムカつく上司がいても会社は辞められませんが、これが自営業のいいところですね。 ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

私は、私を尊重してくれる人の力になりたい。とあらためて思った5月の一件でした。

 

 

 

 

so-netでブログ開設から3年半、長い間応援してくださっている皆さま、またこのドメインにたどり着いてくださった皆さま。

ご訪問くださったすべての方の健康と幸せをお祈りいたします。

そろそろ梅雨の季節に入りますが、体調管理にお気をつけくださいませ。^^

 

【回顧録】借金と離婚のいきさつ 記事一覧

借金残高 記事一覧

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
応援クリック宜しくお願い致します(^^)/

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitterでフォローしよう