美輪さんとの共演番組で一気にメジャーになった
江原氏の初期の本(2001年発行)。
なぜあのように霊視ができるようになったのか
生い立ちから苦悩の日々、修行を経てスピリチュアルな能力を
職業とするに至った過程が書いてあります。
霊能力や超能力には、ちょっと憧れたりしますが、
これ読んでそんなもん無くて良かった・・・と思いました。

 

 

人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめ/ハート出版

¥1,404
Amazon.co.jp

 

若い頃に両親とも亡くされてて、お金にも苦労して、
美輪さんの「正負の法則」でいうところの「負」を、
幼少から青年期までに一気に体験したんですね~
その負とバランスとってのあの成功なら納得。

 

2008年あたりにはすっかり有名になって
武道館で小林幸子ばりの衣装でステージに出たりしてたらしいけど
今はどうしているのでしょう?

 

個人的には昔の江原さんが好きだったなあ。
(最近の本は、なんだか商売っ気満々でドン引きです)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう